排卵検査薬ってどういうもの?

排卵検査薬ってどういうもの?

排卵検査薬、とは飲み薬ではありません。

排卵前に黄体刺激ホルモン(LHホルモン)の上昇を察知することで、排卵のタイミングを確認することができるんです。

検査方法や手順は製品によってさまざまですが、基本的には検査薬に尿をかける、または漬けるだけ。

早いものは2〜3分で結果を見ることができます。

国産の排卵検査薬もありますが、ネット通販などでは海外産のもの安く大量に手に入ることができます。

値段もメーカーによってかなりの差はでますが、一回分の値段が高い分より正確な結果を出せますし、けれどコストをかけたくないというのであれば低価格のを選んでみるのはいかがでしょうか。

勿論低価格といえど結果はきちんとでますよっ。

基礎体温と生理周期から計算しておおよその目安をとっておくと効率的に使えるのではないでしょうか。

それでも種類が多くてわからない…という場合は利用者の口コミを見て、使い勝手や問題点を見つけてみると良いと思います。

排卵検査薬で妊活アシスト!

結婚した旦那さんとの妊活がうまく進まない…もしかして不妊症?

と考えられる方が多いかもしれません。

けれどその前に排卵日を確認してみるのはいかがでしょう。

あまり多くは知られていませんが国産、海外産と排卵検査薬というのは数種類あります。

生理周期と基礎体温をつけていていれば、予想を立てている前に排卵検査薬を使い、それから排卵日を計算することができます。

使用のタイミングはできるだけ毎日同じ時間帯にするのがベスト、またなかよくするのは排卵日の2日前、または3日前がベストだといわれています。

それでも確実に!

というわけでもないので余裕をもってなかよしの計画を立てるとよいかもしれません。

排卵検査薬は種類があるといいましたが、基本的には検尿することで検査は終了し、あとは結果を待つというような形になります。

あとはアナログ表示かデジタル表示での差と価格の差がありますので、口コミを見て自分に合ったものをチョイスして排卵日を確認し、計画を立てていってくださいね

排卵検査薬の使用タイミング

赤ちゃんを望んでいるのに中々できない、生理不順だったり最低体温が予測しにくい、なんていう方もいらっしゃいますよね。

そういった場合、排卵検査薬で排卵のタイミングを掴むのがベストです。

妊娠の確率が高くなるのは排卵日の2・3日前、その状況を知るためにも割と早いうちから排卵検査薬で検査を始めると良いです。

検査薬によってはコストパフォーマンスが高いものもありますが、アナログ表示の検査薬ならかなりコストも安く長期間使えるように量が多いものもあります。

使い勝手や検査時の尿にあてる時間、結果が出るまでの所要時間も様々ですが使用者の声を覗いてみて、商品の長所、問題点を知ってから購入すると良いと思います。

簡単に使える排卵検査薬

また、検査薬を使用する場合は出来ることであれば毎日同じ時間に検査することでその信憑性もあがっていきますが、服薬しているものがあれば、担当医に一度相談しておきましょう。

排卵日を把握できれば夫婦生活もしっかりと計画でき、快適な妊活ができると思いますっ

addminz posted at 2015-7-8 Category: 未分類