施設や家具の普及によって介護が一般に広まった

施設や家具の普及によって介護が一般に広まった

1890年代に陸軍の軍人の方を対象にした疾病恩給制度が施行されてから介護という言葉が広く知られるようになり、当初は恩給のための給付基準を指す言葉でしたがその後障害のある方やサポートのための用品や家具・高齢者の方・病気の方などを介抱したりお世話をすることを指して言われるようになりました。
公的介護保証を要求する運動が行われるようになった1970年代後半からはより一般的な言葉として認識が広がり、施設を利用したり適切な家具を使用して生活の支援やサポートをする行為自体を指す言葉になっていきました。
障害のある方や高齢の方の自宅や施設などを訪問して介護するなどの看護事業も始まり、1980年代頃に専門スタッフの派遣事業が制度化されるようになりました。
このような制度の普及を受けて民間の施設も増え日常生活のサポートに役立つ家具なども続々と改良されるなど、介護をする家族の負担を軽減し社会全体で支え合うという認識が定着しました。
ホテルのようなきれいな施設やお洒落な家具など、機能性だけでなく生活が豊かになるような住環境への取り組みも進められています。

家具付きや24時間介護などさまざまなタイプの施設から選べる

介護施設には家具付きや24時間スタッフが在駐しているなどさまざまなタイプがありますので、体の状態や障害のある方は程度に見合った最適な環境を選ぶことができます。
多くは老人の方向けで医療機関などとも連携していますので、体調が優れないときや突然のケガなどにも速やかに対応することができます。
入所型のホームなどは年齢や要支援が認められる方で自宅での生活が困難な方には安心なケアスタッフ常駐という施設もあり、ご家族と連携して自宅でも介護用の家具や用品などを使用するなどして自宅での生活ができるような取り組みもしています。
そのような在宅での生活をサポートするため専門のケアスタッフによる自宅や施設などへの訪問介護も多くの方が利用していて、介護保険が可能や家具や用品がリーズナブルに買うことができるなどさまざまなサービスを受けることもできます。

また、多くの施設でも要支援などの認定レベルによって生活しやすい設備や家具などがそろっていますので、ケアする方も受ける方にも快適であることを第一に考えられています。

addminz posted at 2017-2-14 Category: 未分類