悪質なサイバー攻撃への対策、標的型メール訓練

悪質なサイバー攻撃への対策、標的型メール訓練

デジタル化の進む現代ではネット上での情報のやり取りは必須となっています。
そうした際に扱う個人情報や会社の重要なファイルなど、すべてパソコンで管理している場合、悪質なスパイウェアによってそれらの情報が盗まれる可能性も大いにあり得るのです。
標的型メール訓練はこうした悪意から身を守るための意識を強化するものです。
スパイウェアの侵入は主にメールから。
セキュリティシステムをパソコン内に導入していれば大半は問題ないのですが、高度に進化させたメールはそれを通過してしまいます。
その通過した標的型メールを開いてしまうこと、あるいはアドレスにリンクしてしまうことでウイルスの侵入を許してしまうことになります。
その攻撃目的で送られたメールかどうかを機械で判別できなかったものは人の目で見極める必要があり、標的型メール訓練で教育を施し、悪質なものから身を守る力を高めます。
教育による対策と機械的なセキュリティを強化すればウイルス感染を防ぐことができるでしょう。

addminz posted at 2017-2-1 Category: 未分類