情報を守るための意識を高める、標的型メール訓練サービスとは

情報を守るための意識を高める、標的型メール訓練サービスとは

スマホのアプリが多く普及していても、やはりメールでのやりとりはまだまだ主流となっています。
そんなメールでは昔より悪質なサイバー攻撃の存在が多く確認されています。
データを盗む典型的な攻撃方法であり、今もなお個人や企業は苦しめられているのです。
そういった悪質な攻撃への対策として標的型メール訓練サービスというものがあります。
送られてくるメールに対してはパソコンのセキュリティシステムを強化することで大抵のものは対応できますが、機械が検知できるのにも実は限度があるのです。
そうすると今度は人の手でその標的型メールに対して対策を行わなければなりません。
自分の身を守るために、標的型メール訓練をやってみよう
「悪質なメールは開封しなければウイルスに感染しない」というようなスパイウェアへの基本的な知識や危険性についての指導を行ってくれるサービスが標的型メール訓練なのです。
顧客のデータを扱わなければならない企業にとってはこういったサービスも活用する必要性が大いにあると言えるでしょう。

addminz posted at 2017-2-1 Category: 未分類