名古屋在住の45歳のオッさんが書く結婚相談所デビュー

名古屋在住の45歳のオッさんが書く結婚相談所デビュー

名古屋市の広告代理店に勤めている45歳のオッさんが書く結婚相談所デビューの婚活レポート。
独身貴族を謳歌して早40年。
20代から30代は仕事帰りに合コン、飲み会で女に不自由したことがない。
名古屋中の女に手当たり次第口説いていた。
1年で10人以上の女と付き合ったことも、ある。
こう書くと嫌な奴かもしれないがあの頃のオレは無敵状態だった。
30代後半になって友達の結婚ラッシュが続いても結婚には全く興味がなかった。
女には不自由がない上にオレの金はオレの為に使いたかったし、何より自由でいたかったからだ。
そんな感じで気がつけば45歳になっていた。
正直仕事が激務なのもあって朝起きて夜中まで仕事して、夜中から呑んだくれての繰り返し。
転機がきたのは親父の介護だ。

村上豊彦

親父は名古屋市で自営業を営んでおり70を過ぎてもピンピンしてたのだが突然脳梗塞で倒れて以来要介護になった。
週末は実家に戻りお袋と一緒に親父の介護をする生活が始まり、初めて自分の年齢と将来に不安がよぎってきた。
遊びの女はいらない、真剣にパートナーを探そう。
オレが名古屋の結婚相談所を探し始めたのは数ヶ月前だ。

addminz posted at 2017-1-18 Category: 未分類