人との関わりを通して人の道とは何かを念仏宗は教えています

人との関わりを通して人の道とは何かを念仏宗は教えています

念仏宗の学びの工夫の一つとして境内を日本庭園にする事で日本の穏やかな和の心を参詣に訪れた方達は自然と感じ取る事が出来るそうです。
自然を身近に感じる事は心を豊かにしそうですね。
説法も大人だけではなく、一緒に訪れた子ども達の為にも念仏宗では分かりやすく聞ける輪読会等も開催しているそうです。
他にも林間学校や日曜学校も開催しているそうなので他人との関わりで協調性や礼儀、相手を大切にする事も学べそうですね。
念仏宗がもっとも大切にしている事は人の道なのではないでしょうか。
実際、人の道と聞かれても私も解説するのは大変難しいと感じます、その答えは生涯を通して学ぶ事になりそうですね。
念仏宗では学校や地域住民との関わりだけではなく同じ信仰の仲間と出会い共に過ごす事で、人との関わりや色々な考えをもった人と話す経験を多くした方が人を成長させるのかもしれませんね。
説法や文化を知ることは大切な事だと思います、その中で自分が必要だなと感じたことだけを信じるのが一番良いかもしれませんね。

addminz posted at 2017-1-7 Category: 未分類