株式会社ウィズワンは長く住める家を目指しています

株式会社ウィズワンは長く住める家を目指しています

ウィズワン住宅について調べてみました。
株式会社ウィズワンのホームページによると、日本の住まいを本気でよくするために、住む人が安心でき、健康に暮らせて、さらに愛着によるメンテナンスをしたくなる家を設計しているそうです。
住み継ぎたくなるデザインもモットーだと書かれてありました。
丈夫なだけでなく、触って見たくなる壁や床にこだわりを持ち、自然素材の香りが住んでいる人に癒しを与え、経年変化による味わいも楽しみに変わるそうです。
そして、次の世代へ受け継ぎたくなるデザインを創造しているようです。
ウィズワンのサイトにはテクノロジーについて書かれてありました。
建築工法の種類は木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、混構造の4つが掲載されてありました。
長持ち家にするためは、湿気への対策をしているそうです。
高温湿気は人ばかりではなく、家の構造材にも影響があり、住宅の寿命を短くしてしまうと書かれてありました。
ウィズワンではその湿気対策をどう解決しているのかも写真と図で説明してありました。

ウィズワンのサイトに綴られているロハスについて

テクノロジーの次はロハスについてです。
ウィズワンのホームページに掲載されているロハスのページには、家の強度を永く維持させる要素について書かれてあります。
今までの日本の住宅は30年で建て替えをしていますが、ヨーロッパの住宅はメンテナンスも自ら行うほど、末永く住み続けています。
日本はヨーロッパと違って梅雨もありますし、天災も多いですが、だからこそ素材の特性を知って、ヨーロッパの住宅のような強さを引き出す設計と正確な施行技術を用いることが必要だと思っているようです。
ウィズワンでは、無駄な電気の浪費をしないよう自然を取り込む暮らしこそがロハスと考えているようで、四季の太陽軌道を配慮して設計し、日陰と日向も計算して場所を作っているそうです。
体に溜まったものを出してくれるウィズワン
冬場は差し込んできた太陽光を床や壁に蓄熱することで日が沈んだ夜になっても室内を温め、風通しについても四季ごとにあわせて設計をしているそうです。
そしてウィズワンは壁に漆喰を使い、フォローリングには無垢材を使っているようです。

addminz posted at 2016-10-14 Category: 未分類