僧侶の試験が難しいのが念仏宗です

僧侶の試験が難しいのが念仏宗です

インドが発祥の地とされています。
お釈迦様の教えに基づいたものになっています。
中でも念仏宗の僧侶になる場合には、とても厳しい試験を受けなくてはいけません。
まずは、仏教系の学校を卒業した人でないとなれないようになっています。
そして、僧侶になる場合には、念仏宗の本山で何年か修行しなくてはいけないみたいです。
その後には、海外で研修として勉強します。
海外の宗教についても知らなくてはいけないようで、政治やその土地の風習についても幅広い知識が必要になります。
研修を受けてからやっと、本試験を受ける資格が貰えます。
一般常識の他にも仏教に関する試験が多く出題されます。
なんと、僧侶の実技試験も組み込まれているみたいです。
きちんとした手順を理解しているのかどうかを確かめる為に行われています。
とても厳しい修行とも言える念仏宗の僧侶の試験ですが、厳しいがゆえに合格すると安定した将来が約束されます。
組織の中でも数名しかなれないのでとても特別な存在みたいです。

addminz posted at 2016-9-7 Category: 未分類