手彫りの印鑑は質感が違います

手彫りの印鑑は質感が違います

印鑑の事は妻に任せて、私は会社設立の準備を進めていましたが、今日は少し早く目途がつき、夕方には帰宅しました。
すると妻が印鑑のデザインを確認してほしいという事で、パソコンの前に呼ばれました。
今回作ってもらう手彫りの印鑑のデザインがメールで届いているという事でした。
正確に印影の確認と言う事で、ここで納得が出来たら正式に作成段階に入るという事です。
妻はかなり気にいっているみたいで少しウキウキしていましたが、私も見た瞬間にピンとくるものがあり、何の異存も無く、このイメージなら十分だと思い、OKしました。
数日後、通販サイトから社印と実印のセットが届いた事を妻から知らされました。
私は外出中だったのですが、納期の速さに少し驚きました。
帰ってすぐに確認すると私が拘りたかった黒水牛の材質に先日確認したデザインが刻印されていて、みるだけで手彫りの重厚感を感じます。
軽く付くだけでしっかりと印が残りとても気に入りました。
これから会社が成長していく中でこの印鑑セットが私に幸運を運んできてくれそうな気がします。

addminz posted at 2016-8-20 Category: 未分類