千代田区で賃貸物件を探すなら、まず歩いてみましょう

千代田区で賃貸物件を探すなら、まず歩いてみましょう

千代田区で賃貸物件を探すなら、まず、エリアを決めるのが第一歩です・・・って、これは何処を探すのでも当たり前かも知れませんが。

東京のど真ん中でもある千代田区は皇居がその中心にあるので、それを取り巻くエリアによって状況が凄く変わるのです。

例えば、東京、有楽町界隈は言わずと知れたビジネス街ですし、すぐお隣の神田、秋葉原界隈は下町の香りが残ります。

そのお隣のお茶の水、水道橋界隈は大学も多くアカデミックな雰囲気があり、古書店街スポーツショップ街が広がります。

飯田橋、神楽坂界隈は有名な料亭街を中心に再び下町の活気を呈し、四谷界隈は今度は麹町、番町を抱える超高級住宅街・・・一つの区でこれだけ多彩な表情を持つ地区も珍しいのです。

なので、可能な限り、自分の足で歩いてみることをお勧めします。

歩き回り、その界隈のロケーションを肌で感じた上で、不動産仲介業者さんにあたるのです。

おすすめはズバリ地場の中小業者さんです。

上記の通り、千代田区は街自体が非常に混沌としているというか、多彩なエリアなので、地元に優良物件を抱えている業者さんが必ずいます。

自分の目と足で感じた場所で、豊富な情報を持っている所にめぐり逢えれば、きっと良い賃貸物件が見つかるでしょう。

千代田区の賃貸物件探しは地場業者!

千代田区で賃貸物件を探すなら、何と言っても地場の不動産業者さんを探しましょう。

なぜなら、千代田区は地域によって非常に家賃に差があるからです。

なにせ、下町の神田や、日本のビジネスの中心の大手町、そして、迎賓館や番町を抱える麹町と全く雰囲気の異なった街が隣接しているのです。

ワンルーム賃貸マンションの家賃を見ても、千代田区平均では12万円程度なのだそうですが、神田小川町で6万円台であるかと思えば、大手町界隈では10万円、そして、番町では20~30万円がゴロゴロしているなど、あまりにも条件が多彩なのです。

なので、やはり素人が苦労して探すより不動産仲介業者さんに相談してみるのがセオリーでしょうね。

特にこの界隈は地域密着で地場の優良物件情報を沢山抱えている業者さんも多いらしいです。

自分の希望にかなう条件を、地域に強い業者さんにしっかり探してもらって優良物件に巡り会いたいものですね。

千代田区の賃貸物件探しは地場業者!

というのがキーワードでしょう。

千代田区賃貸物件の家賃事情

千代田区での賃貸物件探しに関し、家賃事情から見てみます。

マンションでみてみると、平均的な相場がワンルーム12万円程度、1Kで10万円、1DKで14万円、1LDK18.5万円、2K13万円、2LDK30万円、3LDK34万円。

ざっとこんな所のようです。

概ね港区とほぼ同程度の相場だそうです。

しかし、千代田区の場合、神田や神保町のような下町から、お茶の水の大学街、霞ヶ関の官庁街、大手町のビジネス街までと地域の特性の幅が広いという特徴があるため、同じ広さでもその賃貸料金に非常に大きな幅がある、と言うことがポイントです。

つまりこの地域で賃貸物件を探そうと思ったら、情報の量と質が優良物件を探す際の大事なポイントになると言う事なのです。

ここは押さえて起きたいポイントですね。

そうなると、良い業者さん、沢山の物件情報を持っている業者さんに出会うことが大事と言う事です。

地域密着で地場に精通している業者さんを探せ、と言うことになるでしょう。

千代田区での賃貸物件、家賃事情からみると地場の優良業者を探せ、というのがセオリーといえそうですね。

addminz posted at 2015-7-30 Category: 未分類