極太のオオクワガタ

極太のオオクワガタ

極太のオオクワガタと聞いて、どんなクワガタを想像しますか?そもそも一般的に、顎が太いクワガタのことを極太個体と言います。
外国産のオオヒラタでは、顎だけでなく胴体の幅が広い個体のことも、極太ということもあります。
その中でもオオクワガタは代表的なクワガタなのです。
国内での採集個体を選別し、特別とされる飼育によって産みだされたり、台湾や中国などの外国産種との交配によって、生み出された人為的な交雑種だったりなど、意見が分かれているのが現実です。
問題視されて、論争に発展していることは、国産とされているから、放虫に対しての抵抗が低いので、飽きてしまうと野外に放してしまう危険性があることや遺伝子汚染、外国産種と交雑固体を国産として売ることで、違法にならないのかということなどです。
これらは、多岐に渡る論点での代表的な事例です。
遺伝子汚染については、非常に難しい問題となっています。
オオクワガタを飼うなら極太がいいよね
逸出後の遺伝子汚染を前提にしたうえで、環境問題を考えると、外国産種の飼育舎や販売者を否定しなければならないので、交雑種に固執したような批判がとても多いのです。
これが極太のオオクワガタの現実です。

addminz posted at 2016-8-5 Category: 未分類